これまで、「潜在意識」のすばらしい性質について述べてきましたが、今回は(だけど)「勘違いしてはいけないこと」ということについて述べたいと思います

それはずばり、潜在意識を活用している努力をしてさえいれば、具体的な「行動」は必要ない…という勘違いです

たしかに潜在意識の活用による「威力」はすばらしいものです。なのでこれを活用するのは「必須」とさえいえます

ですが、やはりなにか目的のために実際に「動く」、行動する…というのが欠かせないです

自分はこのことに気づくのに3年もかかりました・・・

☑俺の「思考力」はすばらしいから、「泥臭い」ことをする必要はない
☑「地味」な行動は苦しいから、あんまりよくない
☑あくまで大事なのはひらめいたアイデアだ

・・・
・・・
・・・

というような感じで全く動きませんでした

するとどうなったか?

はい。そうです。結局前と「変わってない」のです。

「行って余力あらば以て文を学ぶべし」

という言葉がありますが、とにかく動く…というのが大事になってきます

なので「どーやったら、潜在意識の活用と行動の「両方」ができるようになるだろうか」
…ということを自問自答してみることをおすすめします